ミライロIDとは?

実現したい未来

国内には、964万人の障害のある方が暮らしています。その方の周りには、ともに暮らす家族や友人がいます。

1952年より障害者手帳を用いた割引制度が定められ、障害のある方の社会参加を促すきっかけとなりました。一方、障害者手帳の確認は、障害のある方だけではなく、対応する事業者にとっても大きな負担となっています。

障害のある方が外出しやすく、事業者の対応もスムーズになる、新たな未来の実現をミライロIDは目指します。

障害者手帳の課題

プライバシー

プライバシー

写真や名前、住所が記載されているため、お客様は情報開示の度に心理的負担があります。

経年劣化

経年劣化

障害者手帳は原則、更新の必要がないため、劣化が著しいものは情報の確認が困難です。

事業者の確認負担

事業者の確認負担

障害者手帳の規格は265種類となっており、正しく判別を行うには時間がかかります。

障害者手帳をスマートフォンに

    障害者手帳をスマートフォンに
  • スマホひとつで完結
  • 必要な情報だけを表示
  • いつでも更新が可能
障害者手帳をスマートフォンに

ミライロIDの主な機能

所有する障害者手帳の登録

所有する障害者手帳の登録

使用する福祉機器等の登録

使用する福祉機器等の登録

身体特性に応じた情報の取得

身体特性に応じた情報の取得

ミライロIDの導入メリット

サービスアップ

サービスアップ

お客様が障害者手帳を出すことなく、支払いや手続きを行うことができます。

セキュリティアップ

セキュリティアップ

偽造された障害者手帳の利用など、心無い不正を防止することができます。

コストダウン

コストダウン

障害者手帳の判別が容易になり、現場における負担を減らすことができます。

システムチェンジ

システムチェンジ

キャッシュレス化やチケットレス化と併せ、業務効率の改善へと繋がります。

ニュービジネス

ニュービジネス

システム連携により、新しいサービスやビジネス展開の可能性が拡がります。

ミライロIDを導入する

手帳登録の仕組み

ユーザー

ユーザー(障害者)

障害者手帳をカメラで撮影し、画像データを送付

ミライロ

ミライロ

偽造されたものでないことを確認し、手帳情報を登録

手帳の確認事項

  • 障害者手帳に顔写真が掲載されているか
  • 鮮明な文字で必要情報が正しく記載されているか
  • フォーマットが発行元自治体の障害者手帳と同じか
  • 発行元自治体の印鑑が捺印されているか
  • 登録される情報がデータベース上で重複がないか

ミライロIDの安全性

SMS認証

SMS認証

個人の電話番号に紐付けることで本人確認を実施

パスコード

パスコード

4ケタの暗証番号もしくは指紋認証によるログイン

不正利用の防止

不正利用の防止

個人紛失時はサポートセンターの遠隔操作で利用を停止

マイナポータルと連携

マイナポータルと連携

公的サービスとの連携により公証性を確保

導入実績

公共交通機関からサービス業に至るまで、共感の輪が広がっています。

ミライロIDが使える場所 ミライロIDが使える場所
導入企業一覧

導入の流れ

障害者割引時の本人確認書類としてミライロIDを導入される事業者様は、以下の手順でお申し込みください。

1
仮登録

仮登録

ご入力頂いたメールアドレスに、お申込みフォームのリンクをお送りします。 

2
情報入力

情報入力

届いたメールに記載されているURLより、必要事項の入力をお願いします。

3
導入開始

導入開始

登録完了後、マニュアルなどをご担当者様へお送りしますので、ご活用ください。

ミライロIDを導入する

まずはお気軽にお問い合わせください