プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

2019年7月1日 制定・施行
株式会社ミライロ
代表取締役 垣内 俊哉

本プライバシーポリシー(以下「本ポリシー」といいます)は、障害者手帳の提示にかわる障害者の本人確認ツールであるミライロIDの保有者(以下「ID保有者」といいます)が、ミライロIDを利用されるにあたって、当社が取り扱う個人情報に関する個人情報保護方針を定めるものです。当社は、役員及び関係従業員に本ポリシーを周知し、本ポリシーに従い諸規定に則って個人情報を適切に管理し、個人情報の保護に努めます。ID保有者は、別途定めるミライロID利用規約(以下「ミライロID利用規約」といいます)及び本ポリシーに基づき、ミライロIDをご利用いただくことができます。

第1条 基本方針
1.個人情報の取り扱いに関するルールの策定
当社は、個人情報の適切な管理を実施するため個人情報の取り扱いに関するルールを定めるとともに、後記のとおり、個人情報の管理責任者を設置いたします。
2.適切な個人情報の取得、利用及び提供
当社は、事業上必要な範囲に限定して適切な手段で個人情報を収集します。また、法律に基づく命令等を除いて、個人情報の収集時に承諾を得た目的外の利用又は提供をすることが無いよう、適切な措置を講じます。
3.安全対策の実施
当社は、個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざんおよび漏洩等のリスクに対して、合理的な安全対策・防止策及び是正措置を講じてまいります。
4.個人情報の取り扱いに対する苦情や相談等への対応
当社は、個人情報の取り扱いに対する苦情や相談に適切に対応いたします。また、開示、訂正、削除や提供範囲の変更を本人から依頼された場合には、迅速かつ誠実に対応いたします。
5.法令の遵守
当社は、個人情報の取得、利用及びその他の個人情報の取扱に関して適用される法令、国が定める指針、その他の規範及び本ポリシーを遵守いたします。
6.個人情報保護の取り組みの継続的な改善
当社は、個人情報の取り扱いに関するルールが適切に運用されるよう、個人情報保護の取り組みを継続的に見直し、改善してまいります。
※当社は「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。

第2条 個人情報の定義
本ポリシーにおける用語は、個人情報の保護に関する法律(以下「法」といいます)、個人情報の保護に関する法律施行令(以下「施行令」といいます)及び個人情報の保護に関する法律施行規則(以下「施行規則」といいます)の定義するところによるものとします。なお、個人情報とは、ID保有者に関する情報であって、当該情報を構成する名前、メールアドレス、電話番号及びその他の記述等により当該ID保有者を識別できるもの(当該情報のみでは識別できない場合でも、他の情報と容易に照合することができ、結果的にID保有者個人を識別できるものも含みます)、並びに、その他法2条1項の定義する個人情報をいいますが、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」に基づく「個人番号」及び「特定個人情報」は、本ポリシーにおける個人情報に含まれないものとします。

第3条 個人情報の取り扱い
当社は、本ポリシーを掲示し、ID保有者のプライバシーを尊重し、ID保有者の個人情報の管理に細心の注意を払い、これを取扱うものとします。

第4条 個人情報の利用目的
1.個人情報の利用目的は以下の通りです。
A.ID保有者の個人認証
B.ID保有者の情報をミライロIDとして登録すること
C.ミライロIDの利用に伴う連絡・メールマガジン・DM・お勧めのサービスないし商品にかかる情報・各種お知らせ等の配信・送付
D.ミライロIDによる本人確認を導入した企業等に対するID保有者情報の提供
E.属性情報・端末情報・位置情報・行動履歴等(以下「行動履歴等」といいます)に基づく広告・コンテンツ等の配信・表示
F.ミライロIDの改善・新規サービスの開発・分析およびマーケティング
G.キャンペーン・アンケート・モニター・取材等の実施
H.空メール送信者に対するURL情報の配信
I.ミライロIDに関するご意見、お問い合わせ等の確認・回答
J.ミライロID利用規約等で禁じている、各種多重登録、権利譲渡、虚偽情報登録等の調査と、それに基づく当該登録内容の詳細確認
2.AないしJの利用目的は、変更前の利用目的と関連性を有すると合理的に認められる範囲でのみ変更することがあります。この場合、当社は、変更された利用目的を公表します。

第5条 目的外利用
当社は、第4条に記載した利用目的を超える範囲で個人情報を利用する場合はID保有者の同意を得るものとします。ただし、以下のいずれかの場合はこの限りではありません。
A.法令に基づく場合
B.人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難な場合
C.公衆衛生の向上又は児童の健全な育成のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
D.国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令に定める事務をすることに対して協力する場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

第6条 書面による取得の場合の目的の明示
当社が契約書等の書面(電磁的記録を含む)に記載された個人情報を直接取得する場合は、あらかじめ利用目的を明示します。ただし、人の生命、身体又は財産の保護のために緊急の必要がある場合はこの限りではありません。

第7条 利用目的の公表等の例外
以下の場合には、第4条2項の利用目的の公表及び第6条の明示を行いません。
A.本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
B.当該個人情報取扱事業者の権利又は正当な利益を害するおそれがある場合
C.国の機関又は地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
D.取得の状況からみて利用目的が明らかであると認められる場合

第8条 要配慮個人情報
ID保有者の身体障害、知的障害、精神障害(発達障害を含む)等の心身等の機能の障害にかかる情報等、要配慮個人情報を取得する場合は、あらかじめ本人の同意を得るものとします。ただし、以下の場合は、あらかじめ本人の同意を得ることなく、要配慮個人情報を取得することがあります。
A.法令に基づく場合
B.人の生命、身体、又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
C.公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
D.国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
E.当該要配慮個人情報が、本人、国の機関、地方公共団体、法第76条1項各号に掲げる者のほか、個人情報保護委員会規則で定める者により公開されている場合
F.その他前各号に掲げる場合に準ずるものとして政令で定める場合

第9条 適用範囲
本ポリシーはミライロIDにかかるサービスにおいてのみ適用されます。ミライロIDのアプリ上等に表示されたURLからのリンク先又はミライロIDにログインした上で第三者が運営するアプリ等により提供される各種サービス等については、当該リンク先又は各種サービスの提供元のプライバシーポリシーが適用されます。そのようなミライロIDのサービス外における個人情報の取扱等について、当社は責任を負いません。

第10条 ミライロIDにかかるサービスの提供の可否
ミライロIDの登録において必要となる項目を入力いただけない場合、ミライロIDにかかるサービスを受けられないことがあります。

第11条 個人データの第三者への提供
当社が個人データを第三者に提供するときは、原則としてID保有者本人の同意を得るものとします。ただし、以下の場合は、ID保有者本人の同意なく第三者に個人データを提供することがあります。
A.法令に基づく場合
B.人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
C.公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ID保有者本人の承諾を得ることが困難である場合
D.国の機関若しくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合で、ID保有者本人の同意を得ることによりその事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合

第13条 第三者提供に関する免責事項
以下の場合は、第三者による個人データの取得に関し、当社は何らの責任を負いません。
A.ID保有者自らがミライロIDの機能または別の手段を用いて第三者に個人データを明らかにする場合(なお、第三者における個人データの取り扱いについては、当該第三者に直接お問合せください)
B.ミライロIDの利用において入力した情報により、期せずして本人が特定できてしまった場合
C.ミライロIDのアプリ上の表示等からのリンク先及びミライロIDにログインした上で第三者が運営するアプリ等により提供される各種サービスにおいて、ID保有者より個人データが提供され、またそれが利用された場合
D.ID保有者本人以外がID保有者個人を識別できる情報(メールアドレス・パスワード等)を入手した場合

第14条 個人情報処理の外部委託
当社は、個人情報取り扱い業務の一部または全部を外部委託することがあります。なお、委託先における個人情報の取り扱いについては適切な管理が実施できるよう、ID保有者の個人情報保護に努めます。

第15条 統計処理されたデータの利用
当社は、提供を受けた個人情報をもとに、個人を特定できないよう加工した統計データを作成することがあります。個人を特定できない統計データについては、当社は何ら制限なく利用することができるものとします。

第16条 保有個人データの変更等
原則としてID保有者本人に限り、当社に対し、保有個人データの利用目的の通知、登録した保有個人データの開示、訂正、追加または削除、利用停止、ならびに第三者への提供の停止(以下「保有個人データの変更等」といいます)を求めることができるものとします。具体的な方法については下記の個人情報管理責任者にご連絡ください。ただし、以下の場合は保有個人データの変更等に応じないことがあります。
A.ID保有者本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利・利益を害するおそれがある場合
B.ミライロIDのサービスの適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
C.多額の費用を要する場合の他、個人情報の変更等を行うことが困難な場合であって、ID保有者の権利・利益を保護するため必要なこれに代わるべき措置をとる場合
D.他の法令に違反することとなる場合
E.その他法令に基づき、保有個人データの変更等に応じないことが正当化される場合
【個人情報管理責任者】
株式会社ミライロ
取締役副社長 民野 剛郎
お問い合わせ先:info@mirairo.co.jp

第17条 個人情報の正確性
当社は、ご提供いただいた個人情報を正確にデータ処理するように努めます。ただし、ご提供いただいた個人情報の内容が正確かつ最新であることについては、ID保有者が責任を負うものとします。

第18条 行動履歴等の取得及び利用
1.行動履歴等のうちCookie等について
当社は、ID保有者のプライバシーの保護、利便性の向上、広告の配信および統計データの取得のため、Cookieを使用します。また、CookieやJavaScript等の技術を利用して、ご提供いただいた情報のうち、年齢や性別、職業、居住地域等個人が特定できない属性情報(組み合わせることによっても個人が特定できないものに限られます、以下同様)や端末情報、本サービスサイト内におけるID保有者の行動履歴(アクセスしたURL、コンテンツ、参照順等)およびスマートフォン等利用時の、ID保有者の承諾・申込みに基づく位置情報を取得することがあります。ただし、Cookie及び行動履歴等には個人情報は一切含まれません。
2.行動履歴等のうち以下の場合のアクセスログ等について
ID保有者がミライロIDにログインした上で、第三者が運営するアプリ等が提供する各種サービスを利用した場合、個人を特定したうえで、これまでに取得した属性情報および行動履歴を用いて、広告等の配信・表示等および本サービスの提供を行うことができるものとし、ID保有者はこれを予め承諾します。

第19条 プライバシーポリシーの変更
当社は、法令等の定めがある場合を除き本ポリシーを随時変更することができるものとし、変更した場合は変更内容等を当社のホームページに掲載致します。